Archive for the ‘ 未分類 ’ Category

18
8月

MBA取得の選択

教育, 未分類 MBA取得の選択 はコメントを受け付けていません。

現在考えているMBA取得といった進路の選択を実現しようと考えています。以前から考えていたことですが、費用などのこともあり実現には遠いと思っていましたが、日本国内でもMBAを取得できることを知り、実現の可能性が高くなってきました。海外のMBA課程にすすむには、仕事をやめて数年間の間を生活しなければならず、しかも学費は高いため1千万以上の費用がかかると言われています。こんなことは自分にとって現実的ではなかったので、あきらめていたこともありました。しかし、日本の有名大学の大学院でMBA課程を夜間に仕事をしながら取得できる大学があり、あきらめかけていた思いが湧き上がり、実現に向けて勉強や準備をしているところです。授業は日本語なので内容の正しく理解できそうです。 Read more… …

19
6月

農業の大学校

未分類, 農業 農業の大学校 はコメントを受け付けていません。

来年の春、農業の大学校が新しく東京に開校すると話題になりましたね。
最近、数多く出版されている日本の農業についての書籍から何冊かを選んで読みましたが、これは知人からの勧めもあってとても有益な良書でした。
今まで自分もニュースの見出し程度の知識で深く疑問も持たないこともあったのですが、改めてそうだったのかと知る部分も多く、なるほどと思いました。

今日は大きい台風が来ていて、例年にはない時期の上陸とのこと。4号だそうですが、すぐ後ろに5号も続いてきている様子です。非難勧告が出た地域もあり、被害が大きくならないか心配です。
Read more… …

10
2月

西新宿でリラクゼーションを求めて

健康, 未分類, 美容 西新宿でリラクゼーションを求めて はコメントを受け付けていません。

眼が疲れたので西新宿でリラクゼーションを求めてサロンへ行きました。行きつけのサロンなのですが人気のある所なので急だと無理かな〜?と思いましたが、平日の午前中だったので受けることができてラッキーでした。
友達の会社はこれらのリラクゼーションは福利厚生の費用で経費扱いができるらしく、このサロンのセラピストさんも企業派遣などで出かけることも多いそうです。
最近の仕事はデスクワークが多いので運動不足とストレスがたまっています。このようなリラクゼーションが必要なのだとあらためて実感。ここでの足ツボはじっくりと効いてくる感じで、体の芯から温まり頭もスッキリします。
今月も女性限定のキャンペーンなどもやっていましたので女性にはお得ですね。 Read more… …

14
1月

今年は白内障手術をします。

健康, 未分類 今年は白内障手術をします。 はコメントを受け付けていません。

さんざん悩みましたが、今年は白内障手術をします。その意志決定の情報収集はネットが主でしたが、白内障の眼科もこのサイトで検索したところで相談した結果です。現代のITが発達しても眼の病気をサポートする機能はいまのところありません。医学の進歩に情報革命が活躍することでしょう。私は読書が好きなので眼をよくつかっているのですが、白内障は加齢によるものなので、しかたがありません。これからも読みたい本や勉強もしたいので、手術を決意しました。手術といってもそれほど大ごとではないので、仕事や生活もふつうにできる範囲です。よくレーシックの手術をした方の話を聞きますが、やってよかったと聞きます。私も良い報告ができると信じています。

10
1月

電子書籍の普及にともなう変化

未分類 電子書籍の普及にともなう変化 はコメントを受け付けていません。

IT・コンピュータの普及によって、ビジネスや経営、さらには経済に大きな変化が見られている。ソフトウェアの自動ダウンロード技術は、スマートフォンの普及によって現在では電子書籍などコンテンツ市場を拡大させるだろう。PCの普及を振り返ると、語学や辞典などはデジタルに置き換えられることで市場が縮小していたが、スマートフォンなどの電子書籍端末となりうる通信機器のイノベーションは、個人の通信投資とその資産を形成し、ビジネスツールとしての活用だけでなく、マンガや小説などのコンテンツをデジタルコンテンツとして普及させはじめている。さらには教育などの利用形態も模索されはじめ、児童向けの絵本などは絵が動くなどのリッチコンテンツとしての開発が進んでいる。文字情報のデジタル化は翻訳などの機能の精度が向上すれば、これまでの出版ビジネスをさらに変化させることであろう。これらの変化は社会や法律に大きな影響を及ぼしており、テレビドラマなどのコンテンツも同じ端末で見られるため、人々の娯楽や趣味の範囲を広げる一方で、特定のジャンルへの深い専門性を高めることであろう。この電子書籍コンテンツを考えるサイトはあくまでも個人の主観でつぶやくものです。